オプテック(Opteck)- デモ取引がその場で出来る - 海外バイナリーオプション取引ガイド

オプテック(Opteck)- デモ取引がその場で出来る


オプテック(Opteck)

デモ取引がサイトを開けば登録する必要が無く誰でもその場でできる。

 まずこの会社の何が良いかというとデモ取引がサイトを開いてそのままできるという点です。

 日本国内のFX会社を含めて、デモ取引がIDの取得無しでそのまま出来る会社はあまりありません。

 オプテックは面倒なデモIDの取得や再度のログインなどが一切不要です。個人情報(氏名・メールアドレス・生年月日など)の入力も必要ありません。

 改めて考えてみると国内・海外問わずデモ取引がなぜ簡単に出来ないのか不思議ですね。デモ取引が増えればサイトに負荷がかかるなどの最もらしい理由を付ける業者も多いですが。

 デモ取引がすぐにできれば取引方法の説明や払い戻し率の確認、取引銘柄、時間の確認などの説明文を読む必要がなくなり、感覚的に理解できます。

 実際の口座を開設して初めてデモ取引が出来たり、初回入金をして初めてデモ口座が開けたりする会社もありますが、そんなサイトは問題外でしょうね。

 誰でも実際にやってみて勝てそうだと思えば、もしくは使いやすいサイトだと感じればこそ、はじめて実際のお金を入金して取引を始めるものです。

 今すぐこちらからオプテックのデモ口座で遊んんでみてはいかがですか?
 下のバナーをクリックするとオプテックのトップ画面トが開きますので、左メニューの「デモ取引開始」というところをクリックするだけで、そのまま100万円の仮想金額でデモ取引が出来ます。

Opteckバナー.gif

 ちなみに私はオプテックで色々な取引を適当にやっていたらほんの2時間程で仮想の100万円はなくなりました。けどサイトの使い方は良く解りました。

 オプテックのプラットホームを使ってみての感想としては、少々使いづらいかなと感じました。

 大人気の短期取引も60秒バイナリーの他になんと30秒バイナリーも出来ます。

 払い戻し倍率は短期バイナリーの場合は65%と比較的低く、適当にエントリーしてるのでは勝つにはちょっときついかなという感じですけどね。


つぎの記事はオプテックの入金方法についてです。

オプテックは海外のバイナリーオプション業者ですが楽天銀行・ジャパンネット銀行に対応しています。






この記事へのコメント
この業者の本当に優れた点は、海外バイナリーオプション業者としては珍しく、銀行とカバー取引をしている点です。
一般のユーザーは殆ど知らないようですが、海外はカバー取引をしてない業者が大半です。負ける人が多いし、コストダウンのために。つまりお客のカネをたらい回しているだけ。
リターン利益はやや低めですが、カバー取引をしている事は専業にとって非情に重要なので、私個人としては評価できます。
Posted by どこかの専業トレーダー at 2013年06月18日 02:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 海外バイナリーオプション取引ガイド All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。