RCI − テクニカル分析 - 海外バイナリーオプション取引ガイド

RCI − テクニカル分析

RCIはバイナリーオプションのエントリータイミングをはかるのに有効か?

RCI(Rank Correlation Index)とは
相場を計ろうとするときに上昇幅、下落幅に着目することはよくあります。例えば、RSIは上昇幅と下落幅の大小関係に、ストキャスティクスは価格水準に着目します。しかしRCIについては、直近の一定期間における価格データの順位関係だけに着目するという考え方をしています。
この指標では、期間中の価格と期間だけに相関しているので、変動幅は数値に影響しないのが特徴です。

RCI(Rank Correlation Index)の見方
RCIの基本的な分析方法は以下の通りです。
RCIの変動範囲は-100〜100となっています。
終値ベースでの上昇が直近n期間にわたり持続したとすると、終値順位と期間順位は同じになります。(期間を4日とすると日付は1、2、3、4日と数字が増えますが、価格も上昇して数値が大きくなっているということ)この場合、RCIは100となります。逆に期間は経つが価格は下がり続けた場合は、RCIが-100となります。よって、100に近づいている場合は、一本調子で上昇、-100に近づいている場合は下落してきたと考えられます。

RCI.bmp


説明はちょっと難しく聞こえますが、もっと簡単に言うと例えば5分足チャートでRCIの設定値=4の場合、終値が4回連続下がり続けた場合RCIは-100になり、4回連続上がり続けた場合RCIは+100になるということです

5分足チャートで陽線、陰線が4回くらい続くのはよくあることです。果たしてその度に逆張りが有効かと問われれば疑問ですね。じゃあRCIの設定値を10くらいに大きくすればいいのではと思われるでしょうが、エントリーの値を-80,+80にすれば有効かというのもその時の相場状況(トレンドが発生しているのか、レンジ相場なのか)にもよるでしょうし、レンジ相場の場合でも10pipsくらいの狭いレンジか50pipsくらいのレンジかというレンジの幅にもよるでしょう。そのたびにRCIの設定値を4〜9くらいに変更してタイミングが合うように設定し直すということが必要になってきます。

 以上のような事を考えるとRCIを基にエントリーするという事は、ただ単に陽線、陰線の回数によりエントリーするのと同じであるため、RCIだけではバイナリーオプションのエントリーには向かないと考えています。


他のテクニカル分析の記事は  テクニカル分析−RSI


タグキーワード
テクニカル分析カテゴリの最新記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 海外バイナリーオプション取引ガイド All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。