RSI - テクニカル分析 - 海外バイナリーオプション取引ガイド

RSI - テクニカル分析

RSI

 RSIはオシレーター系のテクニカル分析です。オシレーターというのは振り子という意味で、その名の通り、「相場がどちらに振れそうか」というのを見るものです。振り子が端まで行けば逆に振れるのと同様に、相場もいくところまでいけば戻るし、それまでは一つの方向に動くだろうというように考えるものです。代表的なところでは、RSIストキャスティクスMACD等があります。

 RSIとはどういうものかを説明したいと思います。これは一般的にはよく「売られすぎか買われすぎかを見る指標」と言われますが、厳密にはそれは間違いで、「値上がりや値下がりのペースはどうか」というものを示す指標です。つまり、これで分かるのはあくまで「値段の動き」であって、「買われているか売られているか」なんていう、本当の市場の需要と供給が分かるような、そんな魔法のようなツールではないということにはご注意ください。

 RSIは0から100の間で推移し、一般的には30以下なら下がりすぎ、70以上なら上がりすぎなので、反転するのではないかと言われており、20以下になったり80以上になったらかなりはっきりしていると言われます。

 値上がり幅が大きければ大きいほどRSIは大きく、逆に小さければ小さいほどRSIは小さくなるので、「値上がりや値下がりのペースはどうなのか」というのが分かる指標です。

 使い方としては、RSIが30を切れば値下がりしすぎなので買い、70を超えたら値上がりしすぎなので売りなどのように、一定の数値を超えたらFXバイナリーオプションのエントリーポイントとすることで、逆張りをおこなうというのが一つの使い方です


ダイバージェンス

 もうひとつはダイバージェンスが出たらFXバイナリーオプションの逆張りのエントリーポイントとすることです。
 この指標のすごいところは、その推移をみることで、「そろそろ反転しそうだから、利益を確定させる」というような使い方もできることです。

 このダイバージェンスというのは、「相違」という意味です。つまり、例えば価格はまだ上がっているけど、でもRSIは下がりはじめているというのや、逆に価格は下がっているけどRSIは上がりつつあるみたいな状況を示します。言葉で説明してもいまいちピンとこないかと思いますのでチャートで確認して下さい。

RSI ダイバージェンス.jpg

 なぜこういうことが起こるかというと、たとえば3期間あって、価格は上がっているが、RSIが90、88、82だったとしましょう。これなら、当然RSIをチャートで見ると下がっています。では、その時何が起こっているのか。
 RSIは一定期間の値上がり幅の合計と値下り幅の合計から算出されるものですから、つまり、それまでに比べて「値上り幅の増え方」のペースが落ちていると言うことです。つまり、確かに値上がりはしているものの、そのペースがすこしずつ鈍化しているということですね。
 これが何故起こるのかと言うと、ある程度値段が上がっていくと、利益を確定させるために売りを入れたり、「そろそろやばいんじゃないか」と買い控えが起こり、値上がりを抑制する圧力が出てくるからです。その一方で、「乗り遅れてたまるか」とばかりに買う人もいるため、結果値上がりの圧力が値下がりの圧力に勝って、価格は上がっているという状態です。
 ですが、それでも価格の上昇が鈍化するくらいの値下げの圧力があるわけですから、普通に考えれば、これはそろそろ手仕舞い時となるのではないでしょうか。そして、特に為替の業界では、まず情報力の強い大手の機関投資家が利益を確定させて出て行くというパターンが多いため、これ以降、これに追随して市場が売りに回る可能性はかなり高いんですね。

 このようなダイバージェンスが出た場合、通常のFX取引ならば、そろそろ利益の確定時として、ポジションを決済するというのが望ましいです。
 FXのバイナリーオプション取引ならば逆張りのエントリーポイントとしてかなり有効です。10分満期のオプションあれば、80%以上の勝率があります。

ダイバージェンスは一時的な値動き、「相場のあや」をとるための手法であるため、FX取引・バイナリーオプションともにダイバージェンスでエントリーしたときはダイバージェンスの発生からローソク足3〜4本以内に利食いする(バイナリーオプションであれば15分以内の満期のオプションでエントリー)のが賢明です。


タグキーワード
テクニカル分析カテゴリの最新記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 海外バイナリーオプション取引ガイド All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。