海外バイナリーオプション取引ガイド

« 前の10件  |  -

トレンドオプション 特別マニュアルを特典として無料プレゼント中

トレンドオプションの特徴

1.業界最安値!100円からスタートできる!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2.1取引最短60秒で取引終了!24時間いつでも取引可能!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3.最大90%のリターン!ちょっとした時間でも収益化!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新感覚お手軽投資はトレンドオプションでスタート!




上がるか、下がるか。ハイか、ローか。

たったこの”二択”を予想するだけで、
あなたは莫大な金額を手にすることが出来るかもしれません。

最大で投資金額の90%が利益として還元され、
負けても投資金額だけの損失となっていて、

トレンドオプションでは、たったの100円から始められる
ローリスク&ハイリターンを実現しています!


口座開設から利用開始まで最短1分で始められて、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
取引開始から最短60秒で結果がわかる新感覚投資。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バイナリーオプションの老舗であるスポットオプション社と提携し、
実績と信頼度No.1のトレードプラットフォーム。

それが”トレンドオプション”です。



今なら特別マニュアルを特典として無料プレゼント中です!

新規登録・口座開設マニュアル

入出金マニュアル

バイナリーオプション取引利用マニュアル


新規登録から口座開設、入出金からバイナリーオプションの基礎知識まで、この特別マニュアルがあれば安心です。

全て日本語で表記はされていますが、パソコンの操作自体があまり得意でない方も、

入出金が不安で心配な方にも、

わかりやすく図解入りで説明しています。


バイナリーオプションについての基本的な知識についても説明しているので、

バイナリーオプションって何?という初心者の方でも、安心して利用していただくことが出来るかと思います。


是非受け取って頂き、トレンドオプションでバイナリーオプションを体験してみてください!


タグキーワード

海外バイナリーオプション 出金方法


デビットカードの出金について

 デビットカードでの入金方法はクレジットカードと全く同じです。

 ではデビットカードで入金した場合の出金はどうなるのでしょうか?

 これもクレジットカードでの入金・出金と同じ取り扱いになります。


クレジットカード・デビットカードでの出金

 海外のバイナリーオプションを利用すると元金(入金金額まで)はクレジットカードに戻り、それ以上の利益分は銀行送金になります。

 海外からの送金になる為、着金の確認が取れるまでに5日〜1週間くらいかかります。


海外からの送金手数料

 海外からの送金には手数料がかかります。手数料は銀行によって違うと思いますが、だいたい日本円で¥2,500くらいかかります。

 私の場合、住信SBIネット銀行を送金先に指定したところ25ドル(約¥2,500)引かれて入金されました。5万通貨以上では無料です。
 住信SBIネット銀行の場合、外貨預金口座を新たに開設する必要がありました。新たに開設するといっても住信SBIネット銀行は名前の通りネット銀行なのでオンライン上だけですぐに開設が完了します。
 日本の銀行の場合、海外からの送金に関しては、「資金の使途および送金の目的(何のお金ですか?)」と聞かれます。その場合には「海外のFX業者からの払戻金です。」と答えれば良いでしょう。
 その他「北朝鮮およびイランに関係する送金に該当するかどうか?」には「該当しない」と答える必要があります。
 この銀行からの質問は海外からの送金がある度に毎回必要だという事です。ほんと、めんどくさいですね。


SWIFT(スイフト)コードとは?

 金融機関識別コードで、銀行間の送金、特に国際送金に使用されます。SWIFTコードは8文字で構成されており、最初の4文字が「金融機関コード」、次の2文字が「国名略号」、次の2文字が「所在地コード」です。
 このSWIFTコードがない銀行では海外からの送金は受取れません。ちなみに楽天銀行やソニー銀行などはこのコードがありません。その他信用金庫などもないところが大半です。詳しくは自分がご利用されている銀行に問合せするのが確実です。

店番号やスイフトコードなど銀行情報については、ネットで検索するか各銀行へお問い合わせください。
※以下に主な銀行のスイフトコードと店番号を載せておきます。(一応自分で銀行に確認して下さい。)

店番号 店名 スイフトコード
  0001 みずほ銀行 MHBKJPJT
0005 三菱東京UFJ銀行 BOTKJPJT
0009 三井住友銀行 SMBCJPJT
0010 りそな銀行 DIWAJPJT
0016 みずほコーポレート銀行 MHCBJPJT
0017 埼玉りそな銀行 SAIBJPJT
0035 ソニー銀行 SONYJPJ1
0125 七十七銀行 BOSSJPJT
0129 足利銀行 ASIKJPJT
0134 千葉銀行 CHBAJPJ
0137 東京都民銀行 TOMIJPJT
0138 横浜銀行 HAMAJPJT
0150 スルガ銀行 SRFXJPJT
0173 百十四銀行 HYAKJPJT
0187 琉球銀行 RYUBJPJZ
0188 沖縄銀行 BOKIJPJZ
0288 三菱UFJ信託銀行 MTBCJPJT
0289 みずほ信託銀行 YTBCJPJT
0291 中央三井信託銀行 MTRBJPJT
0294 住友信託銀行 STBCJPJT
0397 新生銀行 LTCBJPJT
0401 シティバンク銀行 CITIJPJT
0526 東京スター銀行 TSBKJPJT
0562 みなと銀行 HSINJPJK
0566 トマト銀行 TOMAJPJZ

その他入出金に関しては不明な点もあると思います。その場合は日本人スタッフまでメールか電話で問い合わせるとよいでしょう。

デビッドカードでの入金に対応しているバイナリーオプション業者としてはトレードラッシュ(TradeRush)があります。




TradeRush − 60秒オプション

TradeRush60秒オプションの元祖ともいえる業者です。

 まず手始めにTradeRush60秒オプションのオプション取引をやってみます。

 ルールは非常に簡単、任意のタイミング(スタート時間は決められていない)でSTARTボタンを押してからちょうど1分(60秒)後に為替であれば円高か円安かに賭けるだけです。当たれば賭け金が約1.7倍になって払い戻されます。1回の賭け金は¥500〜¥20,000。1回の上限は¥20,000ですが任意のタイミングでstart時間を決められる為、実質上限はありません。(続けてstartボタンを押せば30秒くらいで10回くらいは賭ける事ができます。)その間に60秒たったものは次々と結果がでていきます。

 もはやこうなると、投資というよりは60秒で勝負の決まるギャンブルです。カジノなど他のどんなギャンブルよりも勝負の決まる時間が早いでしょう。そのため資金が増えるのも早いですが、逆に資金がなくなるのはあっという間です。¥10,000づつ賭け続ければ30分後に¥1,000,000にするのも可能であれば¥300,000くらい負けるのはあっという間です。
 例えばトレンドの勢いが強い時にトレンド方向に続けて賭ければ、次々と60秒後に全て当たり資金が増えていきます。

 二分の一のギャンブルで払い戻しが1.7倍では割に合わないと感じる方もいると思いますが、TradeRushでは入金金額に応じてボーナスが20%〜75%ついてきます。
 例えば7.99万〜39.8万円の入金で40%のボーナス割合に設定されています。10万円の入金で14万円分賭けることができます。
 
1回の賭け金1万円で14回賭けたとしましょう。この場合で考えると6勝8敗でプラスになります。勝率にして42%でOKです。
 ¥10,000*1.7倍−−>¥17,000*6勝 = ¥102,000
どうでしょう。これならなんとか勝負になるのではないでしょうか。

 入金金額に応じてボーナスが付いてくるのとは別にTradeRush60秒オプションは、GMOクリック証券の外為OPなどとは違い任意のタイミングでエントリーできる利点があります。これは勝つために結構重要な違いかと感じます。例えばレンジ相場の上限などで上昇が止まったタイミングで逆張りエントリーすることによりかなりの確率で勝つ事が出来ます。それも続けてエントリーする事もできる為、10回くらい短時間(ほんの3分くらい)のうちに連続して勝つ事も日常茶飯事でしょう。

 それにTradeRush60秒オプションには完売でエントリーできない事がほぼありません。バイナリーオプションはギャンブル的要素が高いものだと思いますので、完売によりエントリーできないといった心理的なマイナス面が無い事もとても重要な事だと考えます。




タグキーワード

オプテック(opteck)の入金先としてジャパンネット銀行も追加

海外バイナリーオプションの入出金について −オプテック(opteck)

 海外のバイナリーオプション業者で唯一,国内銀行振込に対応している業者としてオプテック(Opteck)を取り上げましたが、今回新たにジャパンネット銀行も追加されました。

 オプテック(Opteck)の国内入金対応銀行 ・楽天銀行 ・ジャパンネット銀行

 (注意)クイック入金に対応しているわけではありません。あくまで、入金時の振込先が楽天銀行・ジャパンネット銀行の2行から選べるという事です。楽天銀行・ジャパンネット銀行は日本国内の銀行なので入金された翌営業日にはオプテックの口座残高に反映されます。また海外送金では無いため、高い(約¥2,500)送金手数料も不要になります。

 入金先が国内の銀行であれば、日本国内のユーザーにはとても便利で入金の不安は無くなると思います。

Opteckバナー.gif

オプテック「デモ取引開始」.bmp

オプテック(Opteck)では左サイドの「デモ取引開始」をクリックするだけでその場でデモが体験できます。
面倒なID登録など一切不要! 何度でも! 100万円の仮想資金で!


オプテック(Opteck)の入出金について

入金
 
 アカウントにログイン後、取引システム・プラットフォームの右側に緑色の「ご入金」ボタンをクリックし、入金してください。 初回入金の最低金額は2万円以上、それ以降の最低入金金額も2万円以上。

[入金方法]
●国内銀行振込 (楽天銀行/ジャパンネット銀行)- 翌日反映
 海外銀行への送金では無いため高い送金手数料は不要でお勧めです。

●クレジットカード − 即時入金
  VISAカード MASTERカード アメリカンエクスプレス JCBカード

●デビットカード − 即時入金

●電子決済 − 即時入金
  WebMoney Moneybookers

  
出金
 アカウントにログイン後、サービス案内のタブ一番下の「出金する」より指示に従って手続きしてください。 出金額の上限・下限はありません。

[出金方法]
 入金時に使用した入金方法によって出金が可能です。また、入金した額よりも多い出金依頼の場合 は、入金額までは入金方法によって出金、残りの超えた額は海外銀行送金により出金となります。

 例:10万円をクレジットカード(デビッドカード)で入金し、その後25万円を出金する場合。
                  ↓
   10万円はクレジットカードによる出金、残りの15万円は海外銀行送金により出金となります。


[出金までの所要日数] 
ユーザの出金依頼を受けてからオプテック社内で、出金処理手続きを3〜4営業日以内に行われます。

その後、各出金方法による所要日数は、

 各種クレジットカード及びデビッドカード・・・・・・・・・・・・10日営業日以内(着金は、各クレジットカード会社の締め日等によります)

 銀行振込(海外送金)・・・・・・・・・・・・3日営業日以内(受取銀行着金までにまた3日間程度要します)

注意:オプテックの営業日は月曜〜木曜日となります。(金、土、日は営業日外扱いとなります。)


[出金にかかる手数料] 月に2回までの出金には、出金手数料はありません。ただし金融機関の手数料のみユーザーの負担となります。
 月に3回目以降の出金には、$25の出金手数料と金融機関の手数料がかかります。

[金融機関の手数料]
  各種クレジットカード 無料
  WebMoney      0.8%
  Moneybookers    5% 但し利用出来ないこともあります
  ウエスタンユニオン  3〜8% 出金総額によります
  海外銀行送金     送金元銀行手数料+受取銀行手数料
          銀行によって異なりますが両方で約$50(¥5,000)くらいかかります。

注意:初回出金時に、口座開設時の本人確認書類に不備があるお客様、またオプテック経理部門が必要とする場合、 身分証明書のコピー、公共料金請求書のコピー、クレジットカードのコピー等の提出が必要になることもあります。


次の記事は
 オプテックのボーナスを貰った場合の出金について
タグキーワード

海外バイナリーオプション業者の選び方

海外バイナリーオプション業者を選ぶポイント

この数年でバイナリーオプションの海外業者はとても増えました。
海外業者でも日本の証券会社と変わらずに親切に対応してくれる優良企業も
ありますが、やはり利用するにあたっての不安はあるものです。
今回は、海外業者を選ぶポイントをまとめてみました。

〜海外業者選びのポイント〜

@カスタマーサポートがしっかりしている
問い合わせをしたい時に、連絡が繋がらないなんてことがあると困ります。メールや
ライブチャットの日本語対応はもちろんのこと、日本人が電話対応をしてくれる優良
企業を選びましょう。

業界最大手の24optionなら日本人スタッフも充実しており、初心者の人にも一から親切丁寧に教えてもらえます。もちろん今流行りの「60秒オプション」もあり、プラットホームの使い勝手も良くお勧めします。



Aオプションの種類をチェック
自分に適するオプションがプラットフォームにあるかチェックしましょう。また、通貨
ペア・取扱銘柄の種類を見て、最適なブローカーか判断しましょう。
海外業者にしかない「60秒オプション」等で、トレードの幅を広げてみるのも面白い
でしょう。

Bアプリケーションが利用できるか
海外のバイナリーオプションを選ぶ利用の一つとして短期オプションがあります。
60秒、2分、5分、10分、15分等のオプションです。
短期オプションは、ちょっと時間が空いた移動中、休憩時間などにも利用したいものです。そんな時に役立つのがスマホ対応のアプリケーション。モバイルブラウザではなく、いつでもすぐ開けるアプリ機能である事がポイントです。

Cデモ口座が利用できるか
海外のバイナリーオプション業者によっては稀にデモ口座を提供してくれない業者も
あります。デモ口座は、トレーダーにとって有益なポイントの一つです。殆どのブロー
カーはデモ口座の提供をしているので必要な方は確認しましょう。

オプテック(Opteck)ならサイトを開けば、デモ口座の開設をする事なく(メールアドレス・氏名・住所などの個人情報の入力は一切不要)誰でもその場で仮想資金100万円でトレードを試せます。

Opteckバナー.gif


D入金による特典を比較する
海外業者の最大の魅力は大きなボーナス(キャッシュバック)制度です。大きな
ボーナスが優良企業とは限りませんが、上記の4点も考慮した上でボーナスを利用しトレードを有利に進めることができますね。

TradeRushでは、日本市場1周年記念キャンペーンとして以下の入金額に応じたボーナスがもらえます。

  ボーナス内容
    2.5万〜4.9万  20%ボーナス   
    5.0万〜9.9万  30%ボーナス   
    10.0万〜24.9万 50%ボーナス 
    25.0万~100万  100% ボーナス 

TradeRushといえば、「元祖60秒オプション」です。この1年で口座開設数が急激に増えたのも元祖の強みですね。

タグキーワード

オプテック(Opteck)は海外業者ですが楽天銀行対応  - 海外バイナリーオプション 入出金

海外バイナリーオプションの入出金について

今回は海外のバイナリーオプション業者で唯一(かどうかはわかりませんが?)国内銀行振込に対応している業者としてオプテック(Opteck)を取り上げます。



国内銀行振込に関してですが、海外業者ですので、いわゆるクイック入金に対応しているわけではありません。あくまで、国内振込先を楽天銀行にしているので、ユーザー自身が利用している銀行ネットバンキングあるいは、実際にATMなどからの振込先が楽天銀行という形になります。楽天銀行は日本国内の銀行なので入金された翌営業日にはオプテックの口座残高に反映されます。海外送金では無いため、高い(約¥2,500)送金手数料も不要になります。
出金に関しては、国内銀行からではなく、海外の銀行から送金されます。

日本国内銀行では入金時のみの対応という形になります。

それでも、他社で国内銀行振込に対応している業者はありませんので日本国内のユーザーにはとても便利で入金の不安は無くなると思います。


つぎの記事はオプテックの入金方法 Part2です。

オプテックは海外のバイナリーオプション業者ですが楽天銀行・ジャパンネット銀行に対応しています。




オプテック(Opteck)- デモ取引がその場で出来る


オプテック(Opteck)

デモ取引がサイトを開けば登録する必要が無く誰でもその場でできる。

 まずこの会社の何が良いかというとデモ取引がサイトを開いてそのままできるという点です。

 日本国内のFX会社を含めて、デモ取引がIDの取得無しでそのまま出来る会社はあまりありません。

 オプテックは面倒なデモIDの取得や再度のログインなどが一切不要です。個人情報(氏名・メールアドレス・生年月日など)の入力も必要ありません。

 改めて考えてみると国内・海外問わずデモ取引がなぜ簡単に出来ないのか不思議ですね。デモ取引が増えればサイトに負荷がかかるなどの最もらしい理由を付ける業者も多いですが。

 デモ取引がすぐにできれば取引方法の説明や払い戻し率の確認、取引銘柄、時間の確認などの説明文を読む必要がなくなり、感覚的に理解できます。

 実際の口座を開設して初めてデモ取引が出来たり、初回入金をして初めてデモ口座が開けたりする会社もありますが、そんなサイトは問題外でしょうね。

 誰でも実際にやってみて勝てそうだと思えば、もしくは使いやすいサイトだと感じればこそ、はじめて実際のお金を入金して取引を始めるものです。

 今すぐこちらからオプテックのデモ口座で遊んんでみてはいかがですか?
 下のバナーをクリックするとオプテックのトップ画面トが開きますので、左メニューの「デモ取引開始」というところをクリックするだけで、そのまま100万円の仮想金額でデモ取引が出来ます。

Opteckバナー.gif

 ちなみに私はオプテックで色々な取引を適当にやっていたらほんの2時間程で仮想の100万円はなくなりました。けどサイトの使い方は良く解りました。

 オプテックのプラットホームを使ってみての感想としては、少々使いづらいかなと感じました。

 大人気の短期取引も60秒バイナリーの他になんと30秒バイナリーも出来ます。

 払い戻し倍率は短期バイナリーの場合は65%と比較的低く、適当にエントリーしてるのでは勝つにはちょっときついかなという感じですけどね。


つぎの記事はオプテックの入金方法についてです。

オプテックは海外のバイナリーオプション業者ですが楽天銀行・ジャパンネット銀行に対応しています。






24option - 海外バイナリーオプション業者の紹介

 24オプション

 国内のバイナリーオプションに規制が入る事になりました。

 個人的には規制の内容に関して言いたい事はありますが、私個人が文句を言ったところで何ともなる事でもないのでここではふれません。

 日本国内でも最近になってバイナリーオプションを取り扱う業者も増えてきましたが今回は海外のバイナリーオプション業者最大手の24オプションを取り上げます。



24オプションの特徴

a) 日本を含めイギリス・フランス・スペイン・イタリア他 13 カ国語対応の巨大サイトである。

b)(タッチ取引・境界取引)は 24 オプションが提案して世界で一番最初に開始された新取引システムである。

c) 取引可能な銘柄数は30 以上バイナリー業者でもダントツ!

d) 取引開始から終了時間まで最大35 分 最短1 分の短期決済型取引

e) 取引金額に上限が無いうえに複数買いも出来る

f) 週末(土日)でも取引が出来るウィークエンドオプション取引で最高250%のハイリターン率

g) メールでの経済指標情報、毎月行なわれる超破格キャンペーン情報など会員限定の嬉しい特典情報が満載。

h) 常にリードする最先端システム・豊富な企画力・サポート体制の充実


サポート体制について
 日本語対応の日本人スタッフが、取引方法から始まり新規登録・入金手続き・出金手続き等わからないことはすべてサポートダイヤルに電話すれば丁寧に教えてもらえます。こうなれば日本国内のFX会社とさほど変わらないか、もしくは日本の会社より親切かもしれません。

取引システムについて
 基本的にバイナリーオプションは二つに一つ、短期決済などの基本システムはどこの会社も同じです。
しかし24 オプションは、取引銘柄が豊富であり、ハイ&ロウをはじめ、ワンタッチ、境界、60SECONDS、週末(休日)行われるウィークエンドなど多種多様なオプションが充実しています。

複数取引・複合取引ができるのも大きなメリット
 取引時間内であれば複数買い取引が出来るので(例えば日本のGMOクリック証券の外為OPなどは単発取引であり、そのオプションが終了しなければ次の取引はできない。)1 回の取引でダブルリターン、トリプルリターンといった短時間で高額収入を獲得するチャンスも生まれます。
 またオプションの選択も自由自在なので時間差で高・低の両方で囲んでみたりの変則型取引や、ハイ&ロウ取引を行いながら、タッチ取引・境界取引・60SECONDS と言った複合取引も可能なので、単発取引業者とは違い最後の最後まで何が起こるかわからない一発逆転の期待も与えてくれます。



 
« 前の10件  |  -
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 海外バイナリーオプション取引ガイド All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。